商談管理表を使った営業会議の進め方

営業会議の効果的・効率的な進め方!チームの生産性が上がる進行方法

チーム内で情報共有を行う上で会議は欠かせないものだが、会議の進め方に悩んでいるチームリーダーは多いのではないだろうか。今回は、営業チーム会議を効果的に進行するコツついてお伝えしよう。

営業会議の効果的・効率的な進め方!チームの生産性が上がる進行方法

効果的・効率的な営業会議って?

結論から言ってしまうと、効果的な会議は、

  • 活性化していて、
  • 創造的で、
  • 生産性

の高い会議だ。

一方で、効果的でない会議では以下のようなことが起こりがちだ。

  • 参加者が事前に記入する資料の記入期限や記入ルールに従わない
  • 会議の場で、記入した内容を発表するだけで終わってしまう
  • 上司(ファシリテーター)とメンバー(発表者)の1対1のやりとりが順番に続き、時間切れになってしまう

では、このような会議を効果的な営業チーム会議にするためには、どうすればよいだろうか。

効果的・効率的な会議を進めるための3つのポイント

営業会議を効果的かつ効率的なものにするためには、会議に出ると

  • この方が、早く済む
  • ひとりで悩むよりも、問題が解決できる、もしくは、そのヒントがもらえる!
  • みんなから認められて、やる気がでる

というメリットを、営業メンバーが感じるように工夫すればいい。そのための3つのポイントを以下に解説する。

記入資料や会議の意義や目的を説明しよう!

営業会議では、商況の報告のために前回の記事で紹介した「商談管理表(以下図を参照)」のような資料に事前に記入することが多いと思うが、それがおろそかになっているケースが多い。

商談管理表

このようになる時は、そもそもの会議の目的や意図、そしてそのための資料の意義がメンバーに伝わらず、記入すること自体が目的化し、やらされ感になっている証拠だ。

そんな時は、その資料や会議自体の主旨を改めてメンバーに説明し、意味づけることが重要だ。
こうした共通フォーマットである「商談管理表」を使う目的は、2つある。まず、同じフォーマットに記入することで視点がそろい、共通言語が生まれ、例えば「ステップ3」と言えば何を指しているか、みんながすぐ理解できるようになる。つまり、コミュニケーションが効率化されるのだ。 また、「商談管理表」に記入させることで、売れている人のノウハウを見える化した「勝ちパターン」の実践を促すことに繋がる。

なんのために資料の記入が必要か、またそれが会議でどのように活用されるかが理解できていれば、記入をおろそかにすることはなくなるだろう。
会議の議題や内容を事前に伝えておくことも効果的だ。

営業メンバーに問いかけ、発言を促すべし!

会議が、上司とメンバー1対1のやりとりになってしまうと、時間と場所と記入フォーマットをそろえて集まっている意味がない。個別に上司をつかまえて口頭で相談する方が手っ取り早いからだ。 このような状況が続くと、会議は形骸化してしまう。

そこで、営業チームリーダーのみなさんには、会議を進行する際に、すぐにコメントをすることをグッとこらえて、他のメンバーに振ってみることをお勧めしたい。

先程挙げた「商談管理表」を見ながら会議を進めてみよう。
例えば、何人かの営業メンバーが、ステップ3「症例データの入手」に向けての活動内容が分からず、空欄になっていたとしよう。 経験豊富な営業リーダーなら、すぐにアドバイスコメントが思い浮かぶはずだ。 ただ、ここで他のメンバーに発言を促してみてほしい。

この商談管理表の状態であれば、ステップ3の活動内容を記入しているメンバーを指名すればいい。1人だけではなく、できるだけ参加者全員に問いかけ発言を促していくことがポイントだ。

ヒントや評価がもらえる場にしよう!

会議の目的が状況報告になってしまっているという状況も多いだろう。

そんな時、2つ目のポイントで示した通り、発言を促すことを徹底すれば、多くの発言が飛び交い会議は活性化する。そして、その中から参考になるヒントや知恵が生まれ、創造的な場になる。ヒントを与えた人は、凄いね!いいね!と承認され、モチベーションが上がる。次は、自分もヒントを与えたい!と、他のメンバーもたくさん発言するようになる。逆に、分からないことがあれば、この会議で聞けば、早い!と思うようになる。

このサイクルをうまく回すことで、会議への参加モチベーションも高まっていくのだ。

営業リーダーは、

  • メンバーに問いかけて、考えさせる。
  • 他のメンバーの案件も、自分事として考えさせる。
  • 会議は、ヒント・アイデアをもらい・与える場にする。

これが、ポイントだ。
会議をこのような活性化した場にすることで、チーム内での「勝ちパターン」も自ずと意識づけられていくだろう。

イラスト:室木おすし

メンバーを動かす「シクミ」と「シカケ」の作り方についてまとめた資料をダウンロード

eBook表紙

この記事の内容を含めた、メンバーを動かす「シクミ」と「シカケ」の作り方についてまとめたPDFにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

私が監修する「営業サプリ みんなで勝ちパターンコース」で一緒に学びませんか?

講師:亀田啓一郎

この教科書でも解説している「勝ちパターンの共有」を、実際に実践できるプログラム『営業サプリ みんなで勝ちパターンコース』を開講しました。
実際にチームメンバーと勝ちパターンを構築・共有することで、チーム全体で売れるチームを目指すプログラムです。コーチの個別アドバイスを受けながら、貴社のチームに合わせて進めるができます。
営業も個の時代は終わり。チームで営業力を高めていきませんか。さあ、一緒に学びましょう!

営業サプリ「みんなで勝ちパターンコース」紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

この記事の情報は公開時点のものです。

チームづくりの教科書の記事

部下に信頼される!営業リーダーが貫くべきマネジメントの心構え

部下に信頼される!営業リーダーが貫くべきマネジメントの心構え

管理職が抑えるべき、年上部下の本音とモチベーションを上げる接し方

管理職が抑えるべき、年上部下の本音とモチベーションを上げる接し方

動かない部下への伝え方!営業方針・戦略を伝えるポイントとは?

動かない部下への伝え方!営業方針・戦略を伝えるポイントとは?

営業チームメンバーにビジョン・戦略・方針を伝える効果的な方法とは?

営業チームメンバーにビジョン・戦略・方針を伝える効果的な方法とは?

この連載の著者

亀田コーチ(亀田 啓一郎)

亀田コーチ 顔写真

株式会社プロジェクトプロデュース 代表取締役。神戸大学工学部卒業後、リクルートに入社。法人向け新規開拓営業に従事後、販促企画やナレッジマネジメントなどの営業支援を担当。リクルートマネジメントソリューションズでは、営業研修や営業組織強化のワークショップ設計に従事。2006年に独立起業。営業、販売、接客などの顧客接点部門の組織開発プロジェクトを数多く手がける。

亀田啓一郎

営業サプリで
強いチームを作りませんか?

私が監修した営業サプリ『みんなで勝ちパターンコース』は実際にチームメンバーと勝ちパターンを構築・共有することで、売れるチームを目指すプログラムです。一緒に強い営業チームを作りましょう!

おすすめ資料ダウンロード

売れるリーダーの教科書 eBook 第4章