ナレッジの発信と活用

効果的な営業のナレッジマネジメントとは?知識の共有と発信のシクミ作り

私が新人営業時代、「大したことではないんですが…こんな資料を持っていったらお客様から喜ばれまして…」とチーム会議で、なけなしのトピックスを発表すると、私の上司が「お前、それいいぞ!この後の営業部会で発表しろ!」と背中を押してくれたことがあった。
言われた通り部会で発表すると、想像以上の反響で、次の日から多くの人が営業鞄にその資料を入れ始め、なんと営業課長や部長も持ち歩いているではないか!
何十年前の話なのに、嬉しくて今でも覚えている。

効果的な営業のナレッジマネジメントとは?知識の共有と発信のシクミ作り

そう、ナレッジ“マネ”ジメントとは、単にナレッジを蓄積することではなく、それが“マネ”されてナンボなのだ!
優秀な営業リーダーは、有効なナレッジを持つメンバーにその情報発信を動機づけ、そのノウハウをマネするように促す「シクミ」と「シカケ」を講じている。今回は、そのポイントについて考えていこう。

ナレッジが必要な旬なテーマをピンポイントで意識づけよ!

第1回のコラムでも述べたが、ここでは「シクミ」を意識づけ策、「シカケ」を動機づけ策と定義している。そのシクミとシカケを上手く駆使しながら、チームを動かしていくことが営業リーダーには求められる。
では、今回のテーマであるナレッジマネジメントにおける、シクミづくりとは何か?一般的には、ナレッジを蓄積し、閲覧するシステム、検索性を高めるシクミなどを想像するかもしれない。しかし、そのようなことを整える前に、営業リーダーとしてやるべき意識づけ策(シクミづくり)がある。

それは、「今は、このテーマについてのノウハウ、知恵が必要だ!」とチーム全体に意識づける策(シクミ)を構築することだ。
例えば、新商品の営業場面で、お客様から「特に困ってないよ」言われた時の対処策が分からず、停滞しているメンバーが多いとしよう。
そんな時の簡単なシクミづくりとしては、月例の営業チーム会議で、「今月のナレッジ募集コーナー」を設置して、「初回訪問時の動機づけトークを募集する!」とテーマ設定すればいいのだ。
他にも、メンバーが提案書の作成に苦労している場合には、「〇〇テーマの提案書で使うお客様の課題ページを募集!」というテーマ設定している事例もある。
提案書全部ではなく、あるテーマの“お客様の課題を整理しているページだけ”を集めよう!と呼びかけているのだ。テーマが非常に絞り込まれていることがポイントだ。

つまり、優秀な営業リーダーは、

  • 「ココがツボだろ!」というナレッジすべき旬なテーマをピンポイントで見極め、
  • ノウハウを持つメンバーに、発信してほしいテーマを意識づけ、
  • 苦労しているメンバーには、「君たちが困っているのは、ココだよね」と、習得してほしいテーマを常に意識づける、

そういった「シクミ」を構築しているのだ。

ナレッジの発信と活用を動機づけよ!

営業チームにとって、旬なテーマが設定された次は、そのナレッジの発信と活用を動機づける「シカケ」を考えることだ。「シクミ」を作っても、そこに気持ちが入らないと空回りしてしまう。
ただ、そんなに難しく考える必要はない。
ナレッジを発信してくれた人、ナレッジを上手く活用して成果を出した人が、「あなたはエライ!」と、ちゃんと褒められる風土をつくることがポイントだ。

私が以前勤めていたリクルート社のある部署では、営業ナレッジを発信し、その内容が他の人にもマネされその有効性が認められると、その人の名前が冠として付けられて、部署全体に広報されるシカケをつくっていた。
「A子の〇〇営業」「B君の3年契約営業」と言った感じだ。

図版

ナレッジ提供者にとっては、自分のアイデアが市民権を得たことになり、一時的に金銭的なインセンティブをもらうよりも、よっぽど強力な承認賞賛感を得ることになるのだ。

他の会社では、TTP賞(徹底的にパクったで賞)という表彰制度をつくり、人のアイデアを活用して成果を出した人を褒めている。つまり、ナレッジがマネされて、磨かれていく風土づくりをしているのだ。

多額の費用を掛けたり、手の込んだことをやらなくてもいいのだ。営業リーダーであるあなたが考えるシクミづくり、シカケづくりで、メンバーの顔が晴れやかになり、営業チームに活気がでてくる。
ぜひ、身近なところから、チャレンジしてほしい!

イラスト:室木おすし

「勝ちパターンの共有」についてまとめた資料をダウンロード

eBook表紙

この記事の内容を含めた「勝ちパターンの共有」についてまとめたPDFにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

私が監修する「営業サプリ みんなで勝ちパターンコース」で一緒に学びませんか?

講師:亀田啓一郎

この教科書でも解説している「勝ちパターンの共有」を、実際に実践できるプログラム『営業サプリ みんなで勝ちパターンコース』を開講しました。
実際にチームメンバーと勝ちパターンを構築・共有することで、チーム全体で売れるチームを目指すプログラムです。コーチの個別アドバイスを受けながら、貴社のチームに合わせて進めるができます。
営業も個の時代は終わり。チームで営業力を高めていきませんか。さあ、一緒に学びましょう!

営業サプリ「みんなで勝ちパターンコース」紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

この記事の情報は公開時点のものです。

チームづくりの教科書の記事

部下に信頼される!営業リーダーが貫くべきマネジメントの心構え

部下に信頼される!営業リーダーが貫くべきマネジメントの心構え

管理職が抑えるべき、年上部下の本音とモチベーションを上げる接し方

管理職が抑えるべき、年上部下の本音とモチベーションを上げる接し方

動かない部下への伝え方!営業方針・戦略を伝えるポイントとは?

動かない部下への伝え方!営業方針・戦略を伝えるポイントとは?

営業チームメンバーにビジョン・戦略・方針を伝える効果的な方法とは?

営業チームメンバーにビジョン・戦略・方針を伝える効果的な方法とは?

亀田啓一郎

営業サプリで
強いチームを作りませんか?

私が監修した営業サプリ『みんなで勝ちパターンコース』は実際にチームメンバーと勝ちパターンを構築・共有することで、売れるチームを目指すプログラムです。一緒に強い営業チームを作りましょう!

おすすめ資料ダウンロード

売れるリーダーの教科書 eBook 第3章