適切なフィードバックの方法

部下を伸ばす!営業の効果的なフィードバック方法と落とし穴

部下育成の重要なポイントは、実際の商談など現場での体験から学びを得る支援をリーダーが行うことだ。その第一歩は、部下に営業セオリーを教えること。そして、実践の振り返りを効果的に行うこと、つまりフィードバックを行うことだ。
今回は、効果的な振り返りを行うためのフィードバック方法をお伝えしたい。

部下を伸ばす!営業の効果的なフィードバック方法と落とし穴

フィードバックとは?フィードバックを行う目的と効果

「フィードバック(Feed Back)」とは、そもそもどのような意味かご存知だろうか。
Feedとは、餌という意味だ。つまり、部下にとって栄養素、成長の糧になる示唆を与え、気づきを促すことがフィードバックを行う最大の目的だ。そうすることで、部下にとって大きな学びになっていく。

やってはいけない!“フィードバック”でありがちな3つの落とし穴

フィードバックの効果的な方法に触れる前に、まずはやってしまいがちなフィードバックの例を紹介しよう。

営業リーダー「今日の初回訪問だけど、一生懸命にA社の事例を説明していたけど、お客様はあまり興味を示してなかったと思うよ」「A社よりも、B社の事例の方が適切だったと思うけどな」

営業メンバー「確かに、そうですね…、分かりました」

このやりとり、確かに部下と一緒に振り返りを行っているが、果たして学びにつながる効果的なフィードバックかどうかは疑問だ。
ともするとメンバーは、「ああ、失敗したなあー」としか思っていないかもしれない。

このフィードバック例の良くないポイントは以下の通りだ。

1)問題点を先にリーダーが指摘してしまう

このようなコミュニケーションは、部下が防御モードになってしまう恐れがある。
つまり、「リーダーから指摘されないようにしよう」と考えたり、指摘に対する言い訳を考えることに終始してしまうモードになってしまうのだ。

2)その場面での正解を伝えるだけで、改善策が話されていない

「B社の事例を伝えること」はその場面での正解かもしれないが、今後同じような失敗をしなくなるための改善策まで行きついていない。

3)成功や失敗の原因究明が抜けてしまう

「なぜ、上手くいったのか?」もしくは、「なぜ、上手くいかなかったのか?」
その原因究明を飛ばしてしまうことは、メンバーが自分の癖や強みを自覚する、せっかくのチャンスを逃していることに等しい。

フィードバックを効果的なものにする3つのポイント

失敗例の反省を踏まえた上で、フィードバックを効果的なものにするためには以下の3つのポイントを押さえることをお勧めしたい。

1)まずメンバーから良かった点、改善点と思う場面をコメントさせる

前述のコミュニケーションの観点でも、まずはメンバーが自分で良かった点・課題点を考え、発言することが大切だ。その上で、リーダーから見て良かった点、改善点にあたる場面を付け加えるとよい。
また、改善点を指摘する際には具体的なポイントを伝えることが重要だ。
「全体の流れは良かったよ」と言うような抽象的な言い方ではなく、
「A社の事例説明は、その背景と効果を簡潔に伝えていたと思うよ」
と伝える方が、何が良かったのかが伝わり、よく見てくれた上でのフィードバックだと、メンバーは感じるのだ。

2)上手くできた、できなかった理由をメンバーに考えさせる

成功・失敗の理由に関しても、メンバーが考えることを促すようなフィードバックをすることが望ましい。
例えば、「一方、お客様があまり興味を示してないのに、更に詳しく説明しようとしたところは気になったな」「こだわった理由は?」と、こんな感じだ。
もちろんメンバーの意見にリーダーとしての見解を付け加えることができれば、それが大きな気づきになるはずだ。
ここで「確かにそうだ!」と成功や失敗の原因にメンバーが自分で気づき、腹落ちすることが重要なのだ。

3)今後、類似場面ではどうするか?その改善策をメンバーと共に考える

その場で正解を伝えるだけでは今後に活かすことができず、不十分だ。今後の改善策が理解できてこそ、フィードバックの効果がある。
同じ例で言えば、事例を話しても想定どおりの反応がなかった時に、その理由をお客様に確認することが、今後につながる改善策だ。
この改善策までをしっかり行うことで、実際の体験や行動が部下の能力として身についていく効果的なフィードバックとなるのだ。

是非、日々の振り返り場面に組み込んで、試してみて欲しい。

イラスト:室木おすし

メンバーを動かす働きかけについてまとめた資料をダウンロード

eBook表紙

この記事の内容を含めた、メンバーを動かす働きかけの方法についてまとめたPDFにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

私が監修する「営業サプリ みんなで勝ちパターンコース」で一緒に学びませんか?

講師:亀田啓一郎

この教科書でも解説している「勝ちパターンの共有」を、実際に実践できるプログラム『営業サプリ みんなで勝ちパターンコース』を開講しました。
実際にチームメンバーと勝ちパターンを構築・共有することで、チーム全体で売れるチームを目指すプログラムです。コーチの個別アドバイスを受けながら、貴社のチームに合わせて進めるができます。
営業も個の時代は終わり。チームで営業力を高めていきませんか。さあ、一緒に学びましょう!

営業サプリ「みんなで勝ちパターンコース」紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

この記事の情報は公開時点のものです。

チームづくりの教科書の記事

部下に信頼される!営業リーダーが貫くべきマネジメントの心構え

部下に信頼される!営業リーダーが貫くべきマネジメントの心構え

管理職が抑えるべき、年上部下の本音とモチベーションを上げる接し方

管理職が抑えるべき、年上部下の本音とモチベーションを上げる接し方

動かない部下への伝え方!営業方針・戦略を伝えるポイントとは?

動かない部下への伝え方!営業方針・戦略を伝えるポイントとは?

営業チームメンバーにビジョン・戦略・方針を伝える効果的な方法とは?

営業チームメンバーにビジョン・戦略・方針を伝える効果的な方法とは?

亀田啓一郎

営業サプリで
強いチームを作りませんか?

私が監修した営業サプリ『みんなで勝ちパターンコース』は実際にチームメンバーと勝ちパターンを構築・共有することで、売れるチームを目指すプログラムです。一緒に強い営業チームを作りましょう!

おすすめ資料ダウンロード

売れるリーダーの教科書 eBook 第5章