営業戦略とは

営業戦略とは?立て方から現場に反映させるまでのポイント

営業現場のメンバーの愚痴を聞くと、「ウチの会社には、営業戦略がないんですよ…」という言葉がよく出てくる。営業リーダーの皆さんも、メンバーからの同じような問いかけに、ちょっと困ったことはないだろうか。
今回は、営業戦略を現場の営業活動に反映させる際のポイントについてお伝えしたい。

営業戦略とは?立て方から現場に反映させるまでのポイント

営業戦略とは?なぜ営業に戦略が必要なのか?

企業の戦略には、いろんなものがある。経営戦略、事業戦略、製品戦略、人事戦略などなど…。その中で「営業戦略」を簡潔に言うと、
「何を(商品・サービス)」「どこに(対象顧客)」「どのように売るか(売り方の要点)」を表したものだ。

「どのように売るか」の部分には、以下の2つの意味が込められている。

  • 自社の商品やサービスのこんな機能特徴を活かして、こんな顧客ニーズを満たせ!
  • 自社の商品やサービスのこんな機能特徴を活かして、このように競合と差別化せよ!

「ウチの会社には、営業戦略がないんですよ…」と営業メンバーが愚痴をこぼすのは、

  • 1)どこに営業したらいいのか?
  • 2)お客様はどんなニーズを持っていて、商品のどんな部分をアピールすると売れるのか?
  • 3)競合商品と、どのように戦い、差別化すればいいのか?

この3つが曖昧になっているからだ。逆に、この3つが明確であれば、効率的で効果的な営業ができるのだ。

戦略とは、戦(いくさ)を省略すると書く。つまり無駄な戦いをして、貴重な営業資源を消耗しないために、営業戦略を明確にすることは非常に重要なのだ。

営業戦略で最も重要なのは、ターゲティングだ!

現場の営業メンバーを預かる営業リーダーが営業戦略を立てる場合、一番重要なのは「売りに行くべき対象顧客=ターゲット顧客」をメンバーに明確に示すことだ。
理由は3つある。

理由1:ターゲティング精度の差が、業績に最も影響を与えるから
売れないメンバーの傾向として、売れないところ、もしくは売れても少ない売り上げにしかならないところにパワーを割いていることが多い。これでは、いくら商品説明が上手くても、コミュニケーションスキルが高くても業績は上がらないのだ。
まずは、正しい売り先を明示することが、低迷する営業メンバーの底上げには最も有効だ。

理由2:ターゲット顧客が明確になると、自ずと「売り方の要点」は見えてくるから
商品とターゲット顧客が決まると、その顧客層がどんなニーズをもっていることが多いのか、どんな競合を使っていることが多いのかは、営業し始めるとすぐに分かるはずだ。
ターゲットを固定することで、売り方のコツを早くつかむことができるのだ。

理由3:会社が示す方針で一番曖昧になっているのが、ターゲット顧客の部分だから
経営層も大きな戦略や方針を示しているはずだ。ただ、その表現としては抽象的な場合が多い。
例えば、「大手企業を中心に、リプレイス営業を強化することで、シェアアップを図る」という会社の方針をそのまま伝えても、「大手企業って、どこ?」という疑問が営業メンバーからはでてくる。
「競合製品×××を導入している、東京か大阪に本社があって、営業拠点が10ヵ所以上ある会社が最優先だ」「例えば、この前受注した○○会社のような企業だよ」と言えば、イメージがわいてくるはずだ。
このように、優秀な営業リーダーは、会社が示す方針を、現場の営業メンバーが行動に移せるレベルまで翻訳して伝えている。

経営層が立てた戦略や方針を解釈して、営業現場に接続することが、営業リーダーの需要な役割なのだ。

イラスト:室木おすし

「ありたい姿の共有」についてまとめた資料をダウンロード

eBook表紙

この記事の内容を含めた「ありたい姿の共有」についてまとめたPDFにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

私が監修する「営業サプリ みんなで勝ちパターンコース」で一緒に学びませんか?

講師:亀田啓一郎

この教科書でも解説している「勝ちパターンの共有」を、実際に実践できるプログラム『営業サプリ みんなで勝ちパターンコース』を開講しました。
実際にチームメンバーと勝ちパターンを構築・共有することで、チーム全体で売れるチームを目指すプログラムです。コーチの個別アドバイスを受けながら、貴社のチームに合わせて進めるができます。
営業も個の時代は終わり。チームで営業力を高めていきませんか。さあ、一緒に学びましょう!

営業サプリ「みんなで勝ちパターンコース」紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

この記事の情報は公開時点のものです。

チームづくりの教科書の記事

部下に信頼される!営業リーダーが貫くべきマネジメントの心構え

部下に信頼される!営業リーダーが貫くべきマネジメントの心構え

管理職が抑えるべき、年上部下の本音とモチベーションを上げる接し方

管理職が抑えるべき、年上部下の本音とモチベーションを上げる接し方

動かない部下への伝え方!営業方針・戦略を伝えるポイントとは?

動かない部下への伝え方!営業方針・戦略を伝えるポイントとは?

営業チームメンバーにビジョン・戦略・方針を伝える効果的な方法とは?

営業チームメンバーにビジョン・戦略・方針を伝える効果的な方法とは?

亀田啓一郎

営業サプリで
強いチームを作りませんか?

私が監修した営業サプリ『みんなで勝ちパターンコース』は実際にチームメンバーと勝ちパターンを構築・共有することで、売れるチームを目指すプログラムです。一緒に強い営業チームを作りましょう!

おすすめ資料ダウンロード

売れるリーダーの教科書 eBook 第2章