現在、Jリーグ(公益社団法人日本プロサッカーリーグ)の第5代チェアマンを務める村井満氏は、サッカーのプロ選手や指導者としての経歴を持たず、2014年のチェアマン就任までは株式会社リクルートの役員や、リクルートのグループ企業の社長を務めた根っからのビジネスパーソンでした。
そんな同氏が現在、チェアマンとしてJリーグをけん引するに当たり、ビジネスパーソン時代の経験やバックグラウンドはどのように役立っているのか、お話を伺いました。