営業ロープレとは?やり方のポイント・メリットデメリット

営業職の育成手段として多く活用される営業ロープレ。今、この記事を読んでいる営業チームのリーダーやマネージャーの方も、過去に取り組んだ記憶があるのではないでしょうか。
営業ロープレは、新人のみならず中堅のメンバー教育にも効果的な訓練ですが、ポイントを抑えた正しいやり方で実践しなければその効果は得られません。今回は「営業ロープレとは何か」というそもそものところから、メリット・デメリット、成功に導くポイントなどを解説します。

営業ロープレとは?実施のポイントからメリットデメリットまで

営業ロープレとは

ロールプレイングとは「役割演技」のことで、営業ロープレは、実際の商談場面を想定してメンバーが顧客役と営業役を演じ、実践に通じる疑似体験を積む研修手法です。
新人メンバーの場合は、挨拶の仕方や名刺交換、顧客とのコミュニケーションの取り方、自社製品・サービスの分かりやすい説明の仕方など、基本的な営業スキルを身につけるために行います。中堅メンバーを対象に行う場合は、各メンバーの課題や弱点の克服が主な目的となるでしょう。
営業ロープレは、本番に近い設定であればあるほど、高い効果が期待できます。

営業ロープレのメリット

それでは、営業ロープレを行う4つのメリットについてご紹介しましょう。

成功体験を積むことができる

メリットの1つ目は、営業ロープレを通じて成功体験を積めることです。
特に、新人メンバーは、最初から実際の商談の場で成約までのプロセスを経験することは難しいでしょう。一方、たとえ営業ロープレであっても、商談中のやり取りを疑似体験して成約までの流れを進めることは、メンバーにとって価値ある経験になります。
さらに効果を高めるには、上司や先輩がロープレ中の言動などをきちんと評価することが大切。実践の場で生かせるよう、その場で振り返るようにしましょう。

場の雰囲気に慣れることができる

営業ロープレによる疑似体験で商談の場に慣れることができる、これが2つ目のメリットです。営業未経験のメンバーにとっては、商談の場はかなりの緊張を強いられます。先輩営業への同行であっても、いきなり商談の場に出れば、まともなビジネストークはおろか、何が起こっているのか記憶もないままに終わってしまいます。
営業ロープレでは、商談の流れや商談中にどのような会話が交わされるのかなどを、落ち着いて経験することができ、独り立ちするときも余裕をもって現場に出ることができます。営業ロープレは、現場に出る前の営業活動のシミュレーションの場として最適なのです。

他の営業マンの知見を学べる

3つ目のメリットは、営業活動のコツやノウハウを他のメンバーと共有できることです。
営業ロープレは、先輩や上司、同僚、後輩など複数のメンバーが参加して行われます。他のメンバーの営業活動、特に、成績のよいメンバーの営業活動は生きた教科書です。各メンバーが自分の営業活動を振り返るきっかけになり、新たな知見やコツ・ノウハウを吸収して実践の場で生かすことができます。

プロセスにおける課題や問題点を発見できる

メンバーの営業活動における課題や問題点が明らかになる、これが4つ目のメリットです。経験を積めば積むほど、自分自身の営業活動を客観的に振り返ることは難しくなります。その結果、課題や問題点を置き去りにしてしまい、理由が分からないまま成績を下げてしまうかもしれません。
営業ロープレを行って複数のメンバーでチェックすれば、本人も気づいていなかった課題や問題点を見つけられるだけではなく、解決策や改善策もアドバイスできます。

営業ロープレのデメリット

営業ロープレには多くのメリットがある一方、デメリットもあります。

普段顔を合わせている人同士だと緊張感に欠ける

営業ロープレは、実際の商談の場に近いシチュエーションを準備することが大切です。しかし、同じメンバーで営業ロープレを繰り返していると、だんだんと慣れてしまい、緊張感を持って取り組むことができなくなります。そうなると「演技ごっこ」のようになり、営業ロープレの効果は半減どころかなくなってしまうでしょう。

設定が形骸化してしまう場合がある

営業ロープレは、何度か繰り返すと類似した設定が増え、形式化してしまうことがあります。そうなると、新たな課題や問題点を見つけることが難しくなり、営業ロープレの目的が達成できません。設定や内容など営業ロープレのやり方は、定期的に見直す必要があります。

営業ロープレを取り組む上でのポイント

デメリットを踏まえて、より効果的な営業ロープレを行うためのポイントについて確認していきましょう。

設定を細部まで決める

営業ロープレの設定は、リアルであればあるほど効果的です。実際の取引先をモデルにして、業種や業界の中での位置付け、抱えている課題、予算などの会社情報を細かく設定します。くわえて、顧客役の人物像(性格や好み、経歴、担当職務範囲など)や状況(初訪問なのか最終段階なのか、他社と競合など)を細かく設定しておくことが重要です。また、営業役となるメンバーの苦手な顧客タイプを設定するなど、課題や弱点を克服するために最適な設定を考えるとよいでしょう。なお、これらの設定を営業役に伝える必要はありません。

録音をしてみる

営業ロープレの効果を確実なものにするために、ロープレ中の会話を録音することをおすすめします。ロープレ中、営業役のメンバーは次の質問の準備やメモ取りに気を取られていることが多く、何をどのように相手に話したかは断片的にしか覚えていません。
ロープレ終了後に録音を聞きなおし、内容はもちろん、声のトーンや話すスピード、聞き取りやすさなどもチェックしましょう。最初は恥ずかしいものですが、録音することで、自分のプレゼンテーションを客観的に振り返ることができ、メンバー自身も新たな発見を得ることができます。

事前にチェックシートを作成する

営業ロープレのフィードバックは、統一された基準で行い、的確・簡潔にメンバーに伝えることが大切です。そのためにも、評価する論点を事前にまとめて、チェックシートを作成しておくとよいでしょう。
チェックシートの項目例は、次のようなものが考えられます。

  • 商談の目的が理解できているか
  • 挨拶や自己紹介はできているか
  • 顧客先について事前に調査しているか
  • 顧客先が抱える課題・問題点について正しく把握しているか
  • 課題・問題点に対する対応策が提示できているか
  • 自社の商品やサービスについてしっかり説明できているか
  • 尋問口調ではなく、顧客が話せる環境を作っているか
  • 次回訪問の約束を取り付けているか
  • クロージングまで進めることができたか

恥ずかしがらずに本気で取り組む

営業ロープレの成果は、どれだけ本気で取り組めるかにかかっています。本番さながらの心構えと緊張感で臨まなければ、思うような効果は得られません。
ロープレを導入したての段階では、恥ずかしがってしまう人が必ず出てきますが、営業ロープレの目的を説明し、真剣に取り組むように指導する必要があります。最初は、リーダーやマネージャー同士でロープレを行い、模範的な演技を見せるのもよいでしょう。そうすれば、メンバーの「恥ずかしい」という気持ちもなくなり、ベテランの営業スキルを見て学ぶこともできます。

用意したチェックシートに沿ってフィードバックをする

ロープレの評価は事前に作成しておいたチェックシートを使って行い、終了後は必ずメンバーにフィードバックします。良かった点、課題や問題点、改善のポイントなどを、分かりやすい言葉で簡潔に伝えることが大切です。
また、課題や問題点ばかりを指摘するのは、メンバーの自信を失わせ、モチベーションを下げることになりかねません。できていない部分は長々とフィードバックするよりも、同じシチュエーションでロープレを繰り返すほうが改善につながります。「けなすよりも褒める」これがポイントです。

まとめ

営業ロープレは、新人メンバーを商談の雰囲気に慣れさせたり、成功体験を積ませることでメンバーに自信をつけさせたり、中堅メンバーの課題・弱点を克服する手段としても有効です。そして、その効果を高めるにはいくつかのポイントがあり、的確なフィードバックが必要になります。
オンライン学習サービスの「営業サプリ」は、eラーニングでありながらロープレ演習があり、プロのコーチによるフィードバックも実施。学習+ロープレ+個別フィードバックで、営業スキルが効率的に身につきます。メンバーの育成に悩みを持つリーダー、マネージャーの方は、ぜひ一度その内容をご確認ください。

営業お役立ち資料をダウンロード

eBook表紙

この記事を含めた営業に関するノウハウをeBookにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

営業パーソン向けオンライン研修「営業サプリ」で営業力を強化しませんか?

講師:大塚寿

営業スキルは本やコラムでも学ぶことはできます。しかし、それだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
『営業サプリ』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につける『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。

\3分でわかる/
営業サプリ紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

この記事の情報は公開時点のものです。

営業トピックスの記事

いまの時代で成果を出す 「新しい営業OJT」のやり方とは

いまの時代で成果を出す 「新しい営業OJT」のやり方とは

売れる営業マンが持つ”必須スキル”とは?基本姿勢と身につけ方

売れる営業マンが持つ”必須スキル”とは?基本姿勢と身につけ方

営業の定着率向上のための対策とは?離職につながる理由と教え方のコツ

営業の定着率向上のための対策とは?離職につながる理由と教え方のコツ

営業がまず押さえるべき基本姿勢・スキルとは?原理原則の身につけ方

営業がまず押さえるべき基本姿勢・スキルとは?原理原則の身につけ方