「部下のやる気がない」原因分析とモチベーションの引き出し方

リーダー・マネージャー層が一度は抱える悩み、それは「以前は積極的に活動していたのに最近やる気が見られない」「まったくやる気が感じられないメンバーがいる」など、部下のやる気に関するものでしょう。
部下のやる気を引き出すのが管理職の役目ではあるものの、どうすれば解決できるのか分からず悩んでしまうケースは少なくありません。やる気のない部下の存在はチームに影響を与え、そのまま放置すると業績にまで影響を与えてしまいます。
そこで今回は、部下のやる気が出ない理由や対策などについて解説します。部下の扱い方に悩むリーダー・マネージャー層は、ぜひご一読ください。

部下のやる気がないのは何故?モチベーションを引き出す方法とは

部下のやる気が出ない理由

まず考えるべきは、部下がやる気をなくす原因についてです。やる気が出ない、やる気がなくなるといった状態になるには、必ず原因があります。ビジネスの場において、部下のモチベーションを下げる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

何をすれば実績があがるのかわからない

どれだけ努力しても実績があがらない…、そのような状態が長く続けば、誰しもモチベーションが低下します。実績をあげるために何をすればよいのか分からなくなり「何をやってもだめ」という精神状態に陥ってしまうのです。
これは、仕事での成功体験が少ないことが理由として考えられます。営業活動で成功した経験が少ないと自分でノウハウを蓄積することができず、多くの場合、困った時に参照できるようなマニュアルもありません。
営業という仕事はマニュアル化されていないことがほとんどで、悩んだ時や迷った時に行動の指針にできるものがないのです。そのような状態では、自分の営業活動について客観的に判断できず、解決策を見いだすことはできません。

仕事に対してモチベーションが沸かない

仕事そのものに対してモチベーションが湧かないというケースも考えられるでしょう。たとえば「自分のしている業務に意味があるのか分からない」「何の役に立っているか理解できない」という感情を抱くと、仕事そのものにやりがいを感じなくなってしまいます。
また「自分だけ大事な仕事を任せてもらえない」「誰にでもできる責任のない仕事ばかり割り振られる」と感じた時も同様です。この状態に陥ると、仕事をしていても緊張感がなく、ただ時間を浪費しているような気分になります。さらに「自分は上司に信頼されていない」と受け取ってしまい、仕事に対する前向きな気持ちまで失ってしまいます。

上司に対して反抗心がある

上司への反抗心も、やる気をなくしてしまう原因の一つと考えられます。
反抗心を持つ理由はさまざまですが、誰しも、尊敬できない上司や嫌いな上司からの指示や注意には従いたくないものです。
たとえば、上司の考え方に共感できない、人間的に上司のことが好きになれない・尊敬できない、パワハラのような言動があるなどの理由から反抗的な気持ちが芽生えた結果、アドバイスに耳を貸すことなく徐々にやる気を失っていきます。

人がやる気になるのはこんな時

では、前項とは逆に、人はどのような時にやる気が出るのかを考えてみましょう。部下のやる気を引き出したいなら、まず、人はなぜやる気が出るのかを知っておく必要があります。

できないことができるようになったとき

人は、何か新しいことができるようになった時に大きな喜びを感じます。これは、仕事においても同様です。
自分ひとりではできなかったことができるようになる、それが成功体験となり、大きな自信と喜び、そして達成感を感じることができます。成功体験を味わった人は、また同じような気持ちを再び味わいたいと思うため、仕事に対するモチベーションが上がります。成功体験は仕事へのやる気を高めるためにとても大切なことです。

上司から褒められたとき

人は他人から褒められ、自分が認められたと感じることで初めて自信が持てるようになります。特に、上司から褒められることは特別な意味があり、自分が会社に貢献していることを実感できるうえ、会社に自分の居場所があるという安心感をもたらすでしょう。
また、上司からの評価は昇給や昇進にも大きく影響するため、将来に対する希望を持つことができます。上司に褒められることは、上司が考えている以上に、部下にとって大きな意味を持っているのです。

大事な仕事を任されたとき

重い責任のかかる大事な仕事を任されるということは、上司から信頼されている証となります。もちろん大きなプレッシャーはかかりますが、それと同時に自分の力を試す大きなチャンスなのです。やる気がでないはずがありません。そして、無事にやり遂げた時の達成感も格別なものがあるでしょう。
また、大事な仕事や難しい仕事に全力で取り組むことは、部下のスキルアップにもつながります。成長した自分を実感することで、ますますやる気が高まるでしょう。

部下のやる気を引き出すために取るべき対策

続いて、部下のやる気を引き出すためには、どのような対策が必要かをご紹介します。やる気のない部下を導くことも上司の重要な仕事。さっそく見ていきましょう。

成功体験を積ませる

部下のやる気を引き出すためには、繰り返し成功体験を積ませることが大切。成功体験と言っても、実際の営業活動で成功させる必要はありません。もちろん、本番で成功するに越したことはありませんが、疑似体験でも有効です。
たとえば、営業ロープレでさまざまなシチュエーションを体験し、営業活動の良い点を褒めてあげるとよいでしょう。練習であっても、褒められることは成功体験に含まれます。また、上司が営業に同行して成約までサポートする方法も効果的です。たとえ、上司のサポートを受けた結果であったとしても、成功体験であることに変わりありません。一人で成約まで持ち込むことが難しい部下に対しても、このような方法で成功体験を積ませて自信を持たせ、やる気を引き出すことができます。

社員のモチベーションを上げる職場作り

職場の環境も部下のやる気に大きく影響します。モチベーションを高めて維持するための環境づくりに取り組んでみましょう。
たとえば、定期的にミーティングを開催し、意見交換の場を設けるのも一つの方法です。部下がどんなことをしたいのか、何か困っていることがないか、仕事に対する疑問や不安、不満などをヒアリングします。また、ミーティングという公の場において、部下の仕事を褒めてあげることでモチベーションを高めることも可能です。
息がつまるような上下関係は必要ありません。正直に話し合える環境と、ヒアリングした内容に対する行動が必要です。

営業スキルのマニュアル化をする

経験の少ない営業職は、仕事の進め方について迷うものです。だからこそ、営業スキルのマニュアル化を進めることが大切。仕事で困ったことや迷ったことがあった時、いつでもすぐに問題解決のための情報を引き出せる充実したマニュアルを用意しましょう。
作成のポイントは、成功している営業パーソンのノウハウを盛り込むこと。営業パーソンが成功するためのコツやエッセンスが凝縮されたマニュアルを共有することで、営業の仕事の進め方を理解して実践できるようになります。
部下のやる気を高めるだけではなく、営業チームのスキルの底上げを図ることができ、業績アップの効果も期待できます。

管理職のマネジメントスキルを高める

部下がやる気をなくすのは、管理職に責任があるケースが少なくありません。部下との接し方や指導法に問題を抱えている上司は多く、この場合は、部下の問題ではなく管理職側の問題といえるでしょう。
解決策としては、マネジメントスキルを管理職に身につけさせることです。たとえば、研修を実施して部下との接し方や指導法などを学ばせ、それを現場で実践してもらいます。接し方や指導法が変わるだけでも部下には変化が見られ、チームも活気づくでしょう。
社内に、管理職の研修に関するノウハウがない場合は、外部の研修サービスを利用する方法もあります。管理職のマネジメントスキル向上を目的とした研修は数多く行われていますが、部下のモチベーションがあがる指導法を学べる研修を選ぶことが大切です。
オンライン学習サービスの営業サプリには、リーダー・マネージャー層向けの部下育成にスポットを当てたコースが用意されています。コーチングスキル、育成計画の立て方や育成面談の仕方など実践的な内容で、効率的にマネジメントスキルを高めることが可能です。

まとめ

「部下がやる気を出してくれない…」管理者であれば一度は抱える悩みでしょう。
部下のやる気を引き出すには、成功体験を積ませて部下を褒めてあげること、実績につながる実用的なマニュアルを用意するなどの対策が効果的です。また、管理職のマネジメントスキルが不足している場合には、育成スキルを向上させる研修を受講させることを考えましょう。
本記事を参考に、適切な対策を講じで部下のやる気を引き出し、チームの業績アップを目指してください。

営業お役立ち資料をダウンロード

eBook表紙

この記事を含めた営業に関するノウハウをeBookにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

営業パーソン向けオンライン研修「営業サプリ」で営業力を強化しませんか?

講師:大塚寿

営業スキルは本やコラムでも学ぶことはできます。しかし、それだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
『営業サプリ』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につける『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。

\3分でわかる/
営業サプリ紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

この記事の情報は公開時点のものです。

営業トピックスの記事

いまの時代で成果を出す 「新しい営業OJT」のやり方とは

いまの時代で成果を出す 「新しい営業OJT」のやり方とは

売れる営業マンが持つ”必須スキル”とは?基本姿勢と身につけ方

売れる営業マンが持つ”必須スキル”とは?基本姿勢と身につけ方

営業の定着率向上のための対策とは?離職につながる理由と教え方のコツ

営業の定着率向上のための対策とは?離職につながる理由と教え方のコツ

営業がまず押さえるべき基本姿勢・スキルとは?原理原則の身につけ方

営業がまず押さえるべき基本姿勢・スキルとは?原理原則の身につけ方