営業の定着率向上のための対策とは?離職につながる理由と教え方のコツ

営業パーソンの育成に力を入れているのに、定着率が低くて困っているというケースはよくあります。せっかく営業職で採用したのに次々と辞められてしまっては、会社の業績に影響を及ぼしかねないだけでなく、周囲のモチベーションも下がりかねません。
営業職はやりがいのある仕事ですが、人材の定着率は低い傾向があります。それはなぜでしょうか。その理由を知れば、適切な対策を取ることができ、定着率を改善させられます。今回は、営業の定着率が低い原因と対策について解説しましょう。

営業の定着率向上のための対策とは?離職につながる理由と教え方のコツ

定着率とは

定着率とは、社内に残っている社員の割合のことです。明確な定義があるわけではありませんが、基本的に定着率は年単位で計算されます。入社してから長期間が経過して定着率が高いというのが、会社にとって望ましい状態です。せっかく育成した人材が離職すると、新しい人材を採用して一から育成する必要があり、莫大なコストがかかります。定着率を上げることができれば、育成コストや採用コストを削減することにつながるでしょう。
定着率は会社によって大きく異なり、中小企業のなかには、就業1年以内の定着率が5割を切るケースも決して珍しくありません。また、定着率は業種や職種によっても異なり、なかでも営業職は、定着率の低さが問題視される職種と言えます。

なぜ営業職は定着率が低いのか

それでは、なぜ営業職の社員はすぐに辞めてしまうのでしょうか。ここでは、考えられる原因をいくつか紹介します。

ノルマが厳しい

営業の仕事はノルマが設定されているのが普通です。月ごとに何件の新規契約を取ってこなければいけない、○○万円以上の契約を取らなければいけないと具体的な数字でノルマが設定されます。なかには、実現が難しいノルマを設定されることもあるでしょう。また、営業パーソンとしての教育をほとんど受けていない状態で、厳しいノルマを課されるというケースも少なくありません。
ノルマを達成するための長時間勤務が常態化してしまうと、徐々に心身をすり減らしていきます。残業続きの生活が続くことで健康に影響が出てしまい、辛くなって営業の仕事を辞めてしまうこともあります。さらに、ノルマを達成できず上司から叱責される、営業成績が張り出されたことでノルマを達成できなかったことが周囲に知られるなど、肩身の狭い思いをしたという人は数多くいます。

給料が安い

営業職は給与が歩合制で決められることも多く、ノルマを達成して優秀な成績をあげれば高収入がもらえます。しかし、ノルマを達成できず営業成績の低い人は、昇給がないばかりか給料を減らされてしまうこともあるでしょう。ノルマを達成できないペナルティとして、ボーナスがカットされるケースもあります。
優秀な営業パーソンであれば給料を上げていくことが可能ですが、実現できるのはごく一部。多くの営業パーソンが、給料が安い・上がらないことに不満を感じて仕事を辞めていきます。また、中小企業の場合、営業職でも歩合なしというケースがあり、この場合はかなり給料が安くなるでしょう。きついノルマを達成しても給料に反映されず、モチベーションは大きく下がります。

成績をあげる方法がわからない

営業職は基本的にノルマ重視の世界であり、より多くの契約を取ることが求められます。しかしながら、営業職のサポートがしっかりできている会社は少なく、営業のやり方は個々の社員に完全に委ねているという会社も少なくありません。どうすれば営業成績をあげることができるのか、その方法を会社が教えてくれないというケースが多いのです。
効果的に営業成績をあげる方法を、自分で導き出せる人はそう多くいません。ほとんどの営業パーソンが、どうすれば成績をあげることができるか分からないまま、自己流の方法で営業をしています。一生懸命取り組んでも思ったように成績があがらず、その結果、営業の仕事が嫌になって辞めてしまうことが多いです。

対人関係によるストレス

営業の仕事には、さまざまな対人関係によるストレスがあります。 たとえば、顧客との関係でいえば、多くの営業職が、顧客の機嫌を損ねて契約を打ち切られることがないように神経をすり減らしています。そのなかで、無理難題を要求されて対応できず、途方に暮れてしまう営業パーソンもいます。言いがかりのようなクレームをつけられることも珍しくなく、クレーム対応に追われることもあるでしょう。このように、常に顧客の機嫌を伺うことに神経を使うため、精神的にとても疲れてストレスが蓄積していきます。
また、ノルマに関してプレッシャーをかける上司との関係がストレスになることもあります。ノルマを達成できずに叱責されたり、嫌味を言われたりすれば、精神的に疲れてしまいます。
さらに、顧客や上司からのハラスメントに悩まされる営業パーソンも少なからずおり、特に、女性の場合は露骨なセクハラを受けても、相手が顧客や上司のため強く拒否することもできず悩んでしまうケースもあります。

どうすれば営業職の定着率をあげることができるのか

リーダーやマネージャーにとって、営業職の定着率があがらないというのは大きな悩みです。そこで、前述した4つの原因をふまえて、営業職の定着率を上げるポイントをご紹介します。

社員のモチベーションを上げる

営業職の仕事はモチベーションが下がりやすい要素が多いため、部下に対して褒めることを心がけましょう。たとえノルマを達成できなくても、営業活動のなかで改善された点があれば、そのことを大きく取り上げてしっかりと褒めることが大切です。「褒めて伸ばす」を心がけるだけでも、部下のモチベーションはぐっと上がります。
表彰制度などの社内制度を整備して、営業パーソンの頑張りを評価する体制を整えることも必要です。リーダーやマネージャーは「営業の仕事を頑張れば報われる」という仕組み作りに注力しましょう。

定期的にガス抜きをさせる

多くの会社では、営業パーソンが自身の不満を上司などに伝えることができない環境になっています。これでは、蓄積した不満を発散することができず、最終的に会社を辞めてしまうことになりかねません。そこで、定期的にガス抜きの機会を与えることが大切です。
たとえば、定期的に上司が部下と面談をする機会を設けてみましょう。そこで、部下から営業の仕事に関するさまざまな不満や悩みなどを聞き出すのです。そうすれば、部下は不満を打ち明けることができ、ストレスを発散させられます。部下からの不満などに積極的に対応することも、リーダーやマネージャーの大切な仕事です。

営業のマニュアル化を行う

社内に営業のノウハウが蓄積されていない会社は多く、優秀な営業パーソンがいたとしても、その営業活動のコツやノウハウなどを共有する環境が整備されていません。これでは、大部分の営業パーソンは営業の仕事を手探りで行うことになります。営業職は個人で活動しがちですが、今の時代はチームとして情報を共有することが必要です。
そこで、優秀な営業パーソンからコツやノウハウを聞き出し、それをマニュアル化しましょう。こうすれば、チーム内で効果的な営業活動の情報を共有できるようになります。マニュアルを参考にすることで、新人を含めた多くの営業パーソンが成績をあげられるようになるでしょう。

プロから営業のノウハウを学ぶ

社内に営業のノウハウが蓄積していない場合は、外部の研修サービスを活用してもよいでしょう。営業のプロによる講習を受けさせることで、成績をあげる方法を学ばせることができます。研修サービスを活用する場合は、定期的に実施することが大切です。定期的に実施してこそ、営業に関するさまざまな知識やスキルを蓄積することができます。研修を受けたすべての営業パーソンが、身につけた知識やスキルを活かすことでチームの営業成績も自然と上向きになるでしょう。
営業向けの研修サービスは、講師を招いて行う研修や通信教育、e-ラーニングなどラインナップが幅広いため、自社に合ったものを選ぶことが大切。たとえば、オンライン研修の営業サプリは、営業スキルを効率よく学べるよう体系化されており、新人・若手営業でも無理なく取り組むことができます。
それぞれのレベルや立場に合わせて外部の研修サービスを選べば、効果的な教育を行うことができるでしょう。

まとめ

営業職の定着率が低いということは、採用や育成のコストが余分にかかっている状態で、会社にとって望ましい状況ではありません。営業職の定着率が低いのは、ノルマの厳しさや人間関係のストレス、給料の安さなどが原因です。これらを解決するために、表彰制度を設けたり、営業のマニュアル化を行ったりすることで、定着率をあげていくことができるでしょう。さらに、外部の研修サービスを利用して、営業のプロからノウハウを学ばせる方法も効果的です。本記事を参考に、営業職の定着率改善に向けた対策をたて、実践していきましょう。

営業お役立ち資料をダウンロード

eBook表紙

この記事を含めた営業に関するノウハウをeBookにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

営業パーソン向けオンライン研修「営業サプリ」で営業力を強化しませんか?

講師:大塚寿

営業スキルは本やコラムでも学ぶことはできます。しかし、それだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
『営業サプリ』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につける『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。

\3分でわかる/
営業サプリ紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

この記事の情報は公開時点のものです。

営業トピックスの記事

いまの時代で成果を出す 「新しい営業OJT」のやり方とは

いまの時代で成果を出す 「新しい営業OJT」のやり方とは

売れる営業マンが持つ”必須スキル”とは?基本姿勢と身につけ方

売れる営業マンが持つ”必須スキル”とは?基本姿勢と身につけ方

営業がまず押さえるべき基本姿勢・スキルとは?原理原則の身につけ方

営業がまず押さえるべき基本姿勢・スキルとは?原理原則の身につけ方

営業の教え方のコツとは?新人が辞めない・やる気を導く効果的な方法

営業の教え方のコツとは?新人が辞めない・やる気を導く効果的な方法