アフターフォロー 概論

1番大事なのは納品後!今後の営業に求められる「カスタマーサクセス」志向とは?

「売るまでが自分の仕事」で、あとは納品部隊に任せ、新しい案件をどんどん開拓していくという営業スタイルは、好業績につながりそうにも見えるが、それでは「売れる営業」にはなれない。

買い手の立場からすれば、成約するまでは足しげく通って問題解決の提案をしてくれたにもかかわらず、納品後はパタリと顔も見せなくなる営業パーソンには、「売り逃げされた」感が募ってしまうものだからだ。

また昨今は、アフターフォローを手厚くすることで、安定的な売上拡大につなげられると悟った企業では「カスタマーサクセス」という考え方が主流になってきている。

この「アフターフォロー」カテゴリーの各記事では、現在注目の「カスタマーサクセス」について解説しつつ、営業がアフターフォローでやるべきことなどを、以下の3つのポイントを押さえつつ解説していく。

1.カスタマーサクセスとは?その意味や重要性とは

2.アフターフォローですべきこととは?

3.カスタマーサクセスで拡販するには?

私が開発した「営業サプリ」で一緒に学びませんか?

講師:大塚寿

ここで述べているノウハウやスキルは、読んだだけでも充分勉強になります。しかし、これだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
私が株式会社サプリと開発した『営業サプリ』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につけるオンライン研修、『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。さあ、一緒に学びましょう!

この記事の情報は公開時点のものです。

アフターフォローの記事

「合わせ技一本」顧客へのアフターフォローで営業を有効に!

「合わせ技一本」顧客へのアフターフォローで営業を有効に!

アップセル・クロスセルだけじゃない…アフターフォローで顧客単価を最大化する方策

アップセル・クロスセルだけじゃない…アフターフォローで顧客単価を最大化する方策

営業の定期訪問には意味がある?ない?~「カスタマーサクセス」志向のフォローアップ

営業の定期訪問には意味がある?ない?~「カスタマーサクセス」志向のフォローアップ

「顧客満足度」の真髄とは…売れる営業に変わるアフターフォローのノウハウ

「顧客満足度」の真髄とは…売れる営業に変わるアフターフォローのノウハウ

営業の教科書 カテゴリ一覧

この連載の著者

エマメイ先生(大塚 寿)

1986年、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に入社。サンダーバード国際経営大学院でMBA取得後、営業研修を展開するエマメイコーポレーションを創業、現在に至る。著書に『リクルート流』(PHP研究所)、「オーラの営業」(Nanaブックス)、累計28万部のベストセラー『40代を後悔しない50のリスト』シリーズ(ダイヤモンド社)など。

大塚寿

私が開発した「営業サプリ」で
一緒に学びませんか?

この記事のスキルを身につけるには実践とフィードバックが必要。
この講座はそれを実現するオンライン研修です。一緒に学びましょう!

この記事をお読みの方におすすめ!

売れる営業養成講座アイコン

売れる営業養成講座
基礎Ⅰ・基礎Ⅱコース

デモ閲覧・資料請求はこちらから

教材・フィードバック画面を見られる

営業教育のコツやサービス概要をご紹介