自分の貢献度をモチベーションに活かす

営業スランプ時「自己効力感」でモチベーションを維持する方法とは?

「自己効力感」という言葉を聞いたことがあるだろうか?
頑張っても、頑張っても報われない状況で味わう「無力感」の方が一般的だが、「自己効力感」というのはその逆で、自分のやったことが何かに“貢献できた”“役立てた”と実感することである。
この「自己効力感」は営業力の源泉であり、営業パーソンとしての成長のエンジンとなるものなので、これを活かさない手はない。
今回はその方法を共有していきたい。

営業スランプ時「自己効力感」でモチベーションを維持する方法とは?

「やってもやっても成果がでない」

正直に言う。
営業パーソンの仕事というのは、頑張っても報われないことが「少なくない」どころか、報われなかったり、成果がでなかったりする方が「よっぽど多い」。
手を抜いていたり、さぼっていたりして成果がでないならともかく、足しげく客先に通い、顧客の言葉に耳を傾け、言葉の裏にある真のニーズを把握しようとし、関連部門と調整し、上司や本部を巻き込んだにもかかわらず、競合に負けて失注なんてことはザラだ。
自分なりに工夫して活動しているのに、手応えや成果を実感することができず、「自分は営業に向いていないんじゃないか」と悶々した日々を過ごしている人も、営業経験の浅い人の中ではかなりの割合になるはずだ。
営業パーソンの成果は常に「数字」となって表れるために、「やってもやっても成果がでない」と無力感がどんどん蓄積され、遂にはモチベーションまで低下してしまうという悪循環に陥ってしまう。

他人からの「ありがとう」をモチベーション・リソースにする

そんな悪循環を断ち切り、数字への貢献がまだ見えない中でもモチベーションが維持できる方法を紹介したい。
もちろん、特効薬は受注であり、受注までは至らないが受注見込のある案件が豊富にある状態がベストだが、そうした「いい兆し」のないケースでの対処法だ。

まずは、日々の行動の中で社内外の関係者から「ありがとう」と言われる機会を作り続けることだ。
もっとリアルに表現するなら大きな貢献ではなく、ほんの小さな貢献、取るに足らないような貢献でいいので、他人から「ありがとう」と言われる機会をできるだけ多く作って欲しい。
値引きや顧客に有利な条件提示ではないところで、相手から「ありがとう」と感謝されるには何を考え、何をすればいいかに知恵を絞ることだ。
ひと言でいえば、機転、小さな配慮なのだが、例えば、それが商談に直結するものではないかもしれないけれど、相手がコンプライアンスや働き方改革といった社内の仕組みを検討中だとしたら、外に出してもいい範囲で参考になりそうな自社や他社の事例や研修内容などを紹介するような行動だ。
顧客への貢献のハードルが高いなら、まずは社内から始めることをお薦めしたい。実例でいうと、ホワイトボードを使った営業会議の後に書かれた文字を消し、更にはその消しカスまで雑巾か何かでキレイに掃除しておくことも小さな貢献になる。

自分の貢献度をモチベーションに活かす

または、みんなが面倒くさがる何かの幹事役やコンビニに何かを買いにいくついでに、一緒に誰かの何かを買ってくるといった雑用的なことを「一日一善」的に実行するのもいい。
“使いっ走り”になれと言っているのではない。これは、自分のためなのだ。業績の低迷が引き起こす悪循環を起こさないために、そして、自分のモチベーションを維持するために、他人から「ありがとう」と言われることで “自己愛”を満たす機会を自ら作っているのだ。

あなたがその行動を続けていると、その変化を必ず誰かが見ていてくれる。その誰かはとなりの部署のマネージャーかもしれないが、他人が「あなたが行動を小さく変えた」ことに気づき始めると、今度はあなたの業績にも何らかの“いい変化”が起こるだろう。
ちなみにこの方法は、様々な業績で凄腕の営業パーソンとなっていった人々が不遇の時代、無名時代に実践していた共通の方法で、効果は実証済みなので是非とも試して欲しい。

営業力の源泉・モチベーション管理のノウハウをまとめた資料をダウンロード

eBook表紙

この記事の内容を含めた、営業力の源泉・モチベーション管理に関するノウハウをeBookにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

私が開発した「営業サプリ」で一緒に学びませんか?

講師:大塚寿

ここで述べているノウハウやスキルは、読んだだけでも充分勉強になります。しかし、これだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
私が株式会社サプリと開発した『営業サプリ 売れる営業養成講座』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につけるオンライン研修、『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。さあ、一緒に学びましょう!

\3分でわかる/
営業サプリ紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

会社名を入力してください
お名前を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

送信前に、下の「個人情報のお取扱いに関する同意事項」をご確認ください

この記事の情報は公開時点のものです。

営業力の源泉・モチベーション管理の記事

営業で落ち込んだ時のモチベーション・ストレス管理の方法

営業で落ち込んだ時のモチベーション・ストレス管理の方法

営業のモチベーションアップ法とは?心に火をつけるストレス対処術

営業のモチベーションアップ法とは?心に火をつけるストレス対処術

「営業に向いてない」と感じた時の対処法!長所・短所の武器化術

「営業に向いてない」と感じた時の対処法!長所・短所の武器化術

「営業が辛い」と感じた時のモチベーションコントロール術とコツ

「営業が辛い」と感じた時のモチベーションコントロール術とコツ

営業の教科書 カテゴリ一覧

この連載の著者

エマメイ先生(大塚 寿)

1986年、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に入社。サンダーバード国際経営大学院でMBA取得後、営業研修を展開するエマメイコーポレーションを創業、現在に至る。著書に『リクルート流』(PHP研究所)、「オーラの営業」(Nanaブックス)、累計28万部のベストセラー『40代を後悔しない50のリスト』シリーズ(ダイヤモンド社)など。

大塚寿

私が開発した「営業サプリ」で一緒に学びませんか?

この記事のスキルを身につけるには実践とフィードバックが必要。営業サプリはそれを実現するオンライン研修です。一緒に学びましょう!

おすすめ資料ダウンロード

営業の教科書 eBook 第13章