案件につなげる展示会の活用方法

展示会を活用した営業のコツとは?商談につなげるチェックリスト付

展示会、見本市は新しい得意先、取引先を開拓する絶好の機会として業界団体ばかりでなく、産業振興の一環として国や自治体でも毎年かなりの予算をかけ支援している。
しかしながら、参加企業からしてみると「なかなか新商談につながらない」とその費用対効果に疑問を持つケースも少なくない。
実は、展示会、見本市といった展博で成果を出すには、セオリーに従った準備が必要になるので、今回はその実務について紹介したい。

展示会を活用した営業のコツとは?商談につなげるチェックリスト付

展示会参加の成果は準備で決まる

よく国や自治体主催の展示会参加企業への講演会講師を依頼されるので、多くの展示会に足を運んできた。
そこには「話を聞いてみたくなる」ブースがある一方で、明らかに準備不足で「参加することに意義を感じている」ような残念なブースも散見される。
成果を出すには小間の数やブースでの展示以上に重要なことがある。それは展示会参加の準備ではなく、その展示会を通じてどれだけの新商談、新規得意先を開拓するかという目標を策定した上で、そのための準備だ。
展示会という場を用いた新規顧客開拓になるので、基本的にその準備の流れは通常の新規顧客開拓のための営業と同じになる。
ただ歩いている来場者や既存の取引先をターゲットにするのではなく、自社の存在を知って欲しい企業、自社に興味を持ってもらいたい企業をあらかじめリストアップし、その企業に対し、展示会という場を利用してアプローチするのが成果の出る展示会の活かし方だということを知って欲しい。

以下、そのための実務の流れを紹介する。

1)KPI化のための目標を設定する

アプローチ件数、獲得名刺枚数、商談件数、案件数、受注件数、受注額の目標を立てる

2)ターゲット企業を決める

いわゆる新規開拓のリストアップと同じなので、当連載「成果が出るアタックリストの考え方」を参照のこと。

3)計画を立てる

a.当日の営業トーク、ツールを作る
 営業トークを作成、来場者向けのツールを企画・作成する
b .小間(ブース)の展示方法、演出を考える
 当連載、展示会の続編で詳細を解説予定

4)ターゲット企業に対するアプローチの口実を作る

こちらも新規顧客開拓のアプローチトークと同じなので、当連載「キーパーソンのアポを獲得するロジック」「テレアポを成功させる3つのトーク」を参考に『展示会』というキーワードを加え突破力のあるアプローチトークを練って欲しい。

5)集客コール→案内送付→フォローコール→前(々)日リマンドコール

電話の内容と順番だが、まずは「展示会の告知と、是非、足を運んで頂きたい」という趣旨を伝え、拒否されない場合は招待状送付の案内に移る。
その後、招待状を送付し、到着したであろう日の2~3日後に到着確認とフォローの電話を入れ、最後に展示会の2~3日前にリマインドのコールをするといった手順だ。

【チェックリスト付き!】商談につなげるための展示会を活用した営業のコツ

これを忘れると効果は半減!抜けがちな3つのポイント

1.大手企業にこそ、事前アプローチを行う

ほとんどの企業は大手企業の敷居が高いと考えていて、大手企業にアプローチすることを躊躇するが、実際に購買力を持っているのが大手で、積極的に新技術やイノベーティブな考え方を探しているものなので、逆に開拓しやすいという現実を知って欲しい。

2.出展者自体が見込み客(リード)であることも忘れない

通常、展示会というのは来場者の中から見込み客を発掘しようとするものだが、意外に出展者間の新規取引が成立しやすいので、お互いをライバル視せずに協業相手や見込み客として、他の出展者を意識したい。

3.「やりっ放し」にしない

展示会は展示会終了時に終わるのではなく、名刺交換し、説明を聞いてくれた顧客のカルテを残し、展示会後のサンキューコール、サンキューメール、場合によってはサンキューレターによって完結としたい。
もちろん、サンキューコール、サンキューメールも訪問につなげるための行動になる。
このコールやメールは「鉄は熱いうちに打て」で、展示会開催中に溜めてしまった仕事に追われる中でも、最低3営業日以内にしないと意味がなくなるので、注意して欲しい。

アプローチのノウハウをまとめた資料をダウンロード

eBook表紙

この記事の内容を含めた、アプローチのノウハウをeBookにまとめて無料配布しています。簡単なフォームに入力するだけでダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

私が開発した「営業サプリ」で一緒に学びませんか?

講師:大塚寿

ここで述べているノウハウやスキルは、読んだだけでも充分勉強になります。しかし、これだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
私が株式会社サプリと開発した『営業サプリ 売れる営業養成講座』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につけるオンライン研修、『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。さあ、一緒に学びましょう!

\3分でわかる/
営業サプリ紹介資料 ダウンロード

こちらのフォームにご入力ください(入力時間1分)。*は必須項目です。

会社名を入力してください
お名前を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
1. 事業者の氏名又は名称
株式会社サプリ
2. 個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 代表取締役
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
3. 取得した個人情報の利用目的
当該フォームで取得した個人情報は、お問い合わせに関する回答、ご請求いただいた資料の送付等の目的で利用いたします。また、当社のサービスに関するご案内にも利用させていただくことがございます。
4. 当社が取得した個人情報の第三者への委託、提供について
当社は、ご本人に関する情報をご本人の同意なしに第三者に委託または提供することはありません。
5. 個人情報保護のための安全管理
当社は、ご本人の個人情報を保護するための規程類を定め、従業者全員に周知・徹底と啓発・教育を図るとともに、その遵守状況の監査を定期的に実施いたします。
また、ご本人の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
6. 個人情報の開示・訂正・利用停止等の手続
ご本人が、当社が保有するご自身の個人情報の、利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求める場合には、下記に連絡を頂くことで、対応致します。
<個人情報お問合せ窓口>
株式会社サプリ 個人情報お問合せ窓口
info[at]sapuri.co.jp
[at]を@マークに変換してお問い合わせください。
7. ご提供いただく情報の任意性
個人情報のご提供は任意ですが、同意を頂けない場合には、第3項にあります利用目的が達成できない事をご了承いただくこととなります。
8. 当社Webサイトの運営について
当社サイトでは、ご本人が当社Webサイトを再度訪問されたときなどに、より便利に閲覧して頂けるようCookieという技術を使用することがあります。これは、ご本人のコンピュータが当社Webサイトのどのページに訪れたかを記録しますが、ご本人が当社Webサイトにおいてご自身の個人情報を入力されない限りご本人ご自身を特定、識別することはできません。
Cookieの使用を希望されない場合は、ご本人のブラウザの設定を変更することにより、Cookieの使用を拒否することができます。その場合、一部または全部のサービスがご利用できなくなることがあります。

送信前に、下の「個人情報のお取扱いに関する同意事項」をご確認ください

この記事の情報は公開時点のものです。

アプローチの記事

「まずは資料を送っておいて…」テレアポで拒否される時の5パターンとその切り返し方法

「まずは資料を送っておいて…」テレアポで拒否される時の5パターンとその切り返し方法

営業で最も有効的なアプローチ手段(メール、テレアポ、DM)とは?

営業で最も有効的なアプローチ手段(メール、テレアポ、DM)とは?

テレアポの成否を決めるテクニックは?「通す電話」と「断る電話」

テレアポの成否を決めるテクニックは?「通す電話」と「断る電話」

成功率が10倍に!明日から実践!テレアポ成功率を上げる3つのコツ・テクニック

成功率が10倍に!明日から実践!テレアポ成功率を上げる3つのコツ・テクニック

「売れる営業」の新規開拓リスト・アタックリストの探し方とは?

「売れる営業」の新規開拓リスト・アタックリストの探し方とは?

展示会で集客率をあげるブースの作り方とは?パネル・ポップの活用術

展示会で集客率をあげるブースの作り方とは?パネル・ポップの活用術

受注率を上げる!営業の見積もり依頼の追い方・捌き方とは?

受注率を上げる!営業の見積もり依頼の追い方・捌き方とは?

自社セミナー成功のコツとは?顧客を獲得できるチェックリスト付

自社セミナー成功のコツとは?顧客を獲得できるチェックリスト付

テレアポに効果的なトークスクリプトを公開! 息継ぎ、間のタイミング付き

テレアポに効果的なトークスクリプトを公開! 息継ぎ、間のタイミング付き

新規営業のテレアポで「まずは資料を送って」と言われた時の対処法

新規営業のテレアポで「まずは資料を送って」と言われた時の対処法

既存顧客・見込顧客・潜在顧客、それぞれの適切なアプローチ法とは?

既存顧客・見込顧客・潜在顧客、それぞれの適切なアプローチ法とは?

営業の教科書 カテゴリ一覧

この連載の著者

エマメイ先生(大塚 寿)

1986年、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に入社。サンダーバード国際経営大学院でMBA取得後、営業研修を展開するエマメイコーポレーションを創業、現在に至る。著書に『リクルート流』(PHP研究所)、「オーラの営業」(Nanaブックス)、累計28万部のベストセラー『40代を後悔しない50のリスト』シリーズ(ダイヤモンド社)など。

大塚寿

私が開発した「営業サプリ」で一緒に学びませんか?

この記事のスキルを身につけるには実践とフィードバックが必要。営業サプリはそれを実現するオンライン研修です。一緒に学びましょう!

おすすめ資料ダウンロード

営業の教科書 eBook 第2章