「つかみ」と「落とし所」の明確化

顧客に選ばれるプレゼンのコツは「つかみ」と「オチ」!プレゼン上達法

売れる営業のプレゼンは「お笑い」や「漫才」と似ている。
そう、共に「つかみ」と「オチ(落とし所)」から構成されているのだ。
だから、メリハリが付き、聞く人を惹きつける。
一方、残念なプレゼンは単なる説明に終始、しかも「つかみ」も「オチ」もないので印象に残らない。
今回は、誰でも売れるプレゼンになる方法を紹介したい。

顧客に選ばれるプレゼンのコツは「つかみ」と「オチ」!プレゼン上達法

プレゼンの語源はなんと「プレゼント」だった!

競合に勝ち、顧客に選ばれるプレゼンの奥義を習得するために、まずはプレゼンテーションの語源を押さえておきたい。
プレゼンの語源はなんと「プレゼント」なのだ。
友人への誕生日プレゼントでもいいし、恋人へのプレゼントでもいい。
その際、一番重要なのは「何を贈るか」だが、同じようにラッピングやリボン、メッセージカードをどうしようかと演出も考えるはずだ。
「サプライズ」という言葉が象徴するように、相手をビックリさせたりするための演出をあれこれ考える人も少なくないだろう。
例えば、実は贈るモノ自体はディスカウントストアで買ったモノでも、その店のレジ袋のままではプレゼントには不向きなので、「贈りもの用のラッピングにして下さい」とか「お誕生日用の包装にして下さい」とかお店の人にお願いしたことはないだろうか。
店の方もそれを心得ていて、専用のラッピングコーナーなどで細かいオーダーに応じてくれるような商業施設もある。

つまり、プレゼンで相手に伝えたい内容がプレゼントの中身だとすれば、ラッピングやリボン、メッセージカード、贈る場面といった演出の部分が「伝え方」になる。
要は相手に対し、いかに魅力的に伝えるかが考えられていない説明というのは、レジ袋でプレゼントするに等しいのだ。

プレゼンの上達法はまずは「つかみ」と「落とし所」の2点だけを意識

そこで、本人の能力を問わず、誰でも簡単に実践できるプレゼンの上達法として、とにかく「つかみ」と「落とし所」の2点だけを意識したプレゼンが登場したのだ。
これらは「スタート」と「ゴール」でもあるので、それらが明確になっているだけで、その間のシナリオは組み立てやすくなる。
正直に言えば、「つかみ」次第でその後のプレゼンの明暗が決まるといっても言い過ぎではない。
どういう話題、何からスタートすれば、相手の気持ちがつかめるかを考え切った上でのプレゼンにはやはり惹きつけられるものがある。
「分かりやすく製品を説明していれば、相手は買ってくれる」というのは幻想であることにも早く気づいて欲しい。

「つかみ」の例としては、「先進事例」「同業他社の事例」「直面する課題」「類似の課題を解決した事例」「コストメリットの明示」「問題の解決策」「顧客の課題の整理」「顧客の現状の整理」といったところがオーソドックスなところだ。
サプライズというか、もう少々インパクト重視の「つかみ」としては、実物の動画やビジュアル、現物や模型など視覚、聴覚に訴える方法も効果的だ。
もちろん、相手への質問からのスタートや消費者モニターの生の声からのスタートなども単なる説明よりは相手の印象に残るということが想像に難くないだろう。

プレゼンの極意は「つかみ」と「落とし所」

次に「落とし所」だが、これはプレゼンがとっ散らかないようにゴールを明確にしておくということだ。
相手に印象づけることをゴールとするのか、概算見積をゴールとするのか、最終コンペの3社に残ることをゴールにするのか、プレゼンの流れで一気にクロージングにまで進むことをゴールにするのかで、「つかみ」以降のプレゼンのシナリオを変えなければならないので、「つかみ」とセットで「落とし所」を設定する癖をつけたい。
製品力や技術力の高い企業の営業に限って、こうした勝つプレゼンの作法にのっとらず、単なる説明に終始して負けてしまうことが余りに多く目につくので、とにかくこれまで以上に「つかみ」を意識し、そのバリエーションを増やしていって欲しい。

私が開発した「営業サプリ」で一緒に学びませんか?

講師:大塚寿

ここで述べているノウハウやスキルは、読んだだけでも充分勉強になります。しかし、これだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
私が株式会社サプリと開発した『営業サプリ』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につけるオンライン研修、『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。さあ、一緒に学びましょう!

この記事の情報は公開時点のものです。

プレゼンテーションの記事

相手の心を掴む必勝プレゼン!AIDAの法則を活かす3ステップ

相手の心を掴む必勝プレゼン!AIDAの法則を活かす3ステップ

クライアントの評価が高まるプレゼン方法とは?構成・資料・話し方3つの側面から徹底解説!

クライアントの評価が高まるプレゼン方法とは?構成・資料・話し方3つの側面から徹底解説!

成功するプレゼンのコツは、前半勝負!成否の9割が前半で決まるワケ

成功するプレゼンのコツは、前半勝負!成否の9割が前半で決まるワケ

説得力を高めるには客観視点を使え!プレゼンでの商品紹介のポイント

説得力を高めるには客観視点を使え!プレゼンでの商品紹介のポイント

これで失敗しない!営業がプレゼンで説得力を高める3つのポイントとは

これで失敗しない!営業がプレゼンで説得力を高める3つのポイントとは

話し方1つでプレゼンは劇的に変わる!相手を惹きつけるポイントは「描写」にあり

話し方1つでプレゼンは劇的に変わる!相手を惹きつけるポイントは「描写」にあり

営業は事前準備で顧客分析をしてアプローチ! 顧客特性のつかみ方

営業は事前準備で顧客分析をしてアプローチ! 顧客特性のつかみ方

プレゼンで印象を残すコツはストーリーテリング…商材はエピソードで語ろう

プレゼンで印象を残すコツはストーリーテリング…商材はエピソードで語ろう

伝わるプレゼン、説得力を高めるポイントは、数字・比較・グラフの有効活用

伝わるプレゼン、説得力を高めるポイントは、数字・比較・グラフの有効活用

プレゼン成功の基本セオリーは、強調ポイントを3つにまとめて構成すること

プレゼン成功の基本セオリーは、強調ポイントを3つにまとめて構成すること

プレゼンで勝つための方法~「自社の立ち位置」を押さえる

プレゼンで勝つための方法~「自社の立ち位置」を押さえる

営業の教科書 カテゴリ一覧

この連載の著者

エマメイ先生(大塚 寿)

1986年、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に入社。サンダーバード国際経営大学院でMBA取得後、営業研修を展開するエマメイコーポレーションを創業、現在に至る。著書に『リクルート流』(PHP研究所)、「オーラの営業」(Nanaブックス)、累計28万部のベストセラー『40代を後悔しない50のリスト』シリーズ(ダイヤモンド社)など。

大塚寿

私が開発した「営業サプリ」で
一緒に学びませんか?

この記事のスキルを身につけるには実践とフィードバックが必要。
この講座はそれを実現するオンライン研修です。一緒に学びましょう!

この記事をお読みの方におすすめ!

売れる営業養成講座アイコン

売れる営業養成講座
基礎コース

デモ閲覧・資料請求はこちらから

教材・フィードバック画面を見られる

営業教育のコツやサービス概要をご紹介