モチベーション低下を防ぐ自己分析

営業のモチベーションアップ!「やる気」をコントロールする3つの法則

営業の業績やビジネスパーソンとしての成長は、モチベーションの高低やその継続性に大きく左右されるものだ。
しかもそのモチベーションに着火させる自身の「やる気スイッチ」は、それがどこにあるかを分かっている人、分かっていない人、瞬間湯沸かし器のようにすぐに着火する人、「冷え性」と揶揄されるくらいになかなか着火しない人など、個人差が激しい。
しかし、実はその方法を知っていさえすれば、モチベーションは自身で簡単にコントロールできるようになる。
今回は自分で自身のモチベーションをコントロールする方法を紹介したい。

営業のモチベーションアップ!「やる気」をコントロールする3つの法則

モチベーションダウンは健康な精神状態である証拠

健康な人のモチベーションはバイオリズムのように上がったり、下がったりするものだということをご存じだろうか。
なので、その特性を仕事に活かすにはモチベーションが上がった状態をいかに継続させるか、下がったモチベーションをどれだけ短期間に復活させて再浮上させるかという、理にかなった向き合い方が必要になる。
仕事における「やる気スイッチ」の入り方は個人差があるものの、大きく3つに分類できる。
精神科医の和田秀樹先生、フジテレビ系列「ホンマでっか!?TV」で大ブレイクした心理学者の植木理恵先生、上智大学教授で教育心理学者の那須正裕先生、そして筆者・エマメイ先生が共著でかつて出版した「部下のやる気を2倍にする法」(ダイヤモンド社)では“3つの法則、9つの原理、26の方法”としてその具体策を発表し、多くの企業で採用された。
ここではその3つの法則の概略を紹介する。

人はどんなに小さくても「希望」が見えた瞬間にモチベーションが湧く

まずは「希望の法則」から。
私達人間は希望が感じられた瞬間にやる気が湧くようにできている。逆に希望が見えない時には、やる気も出て来ないというわけだ。
では、どうすれば日常の営業活動で希望が見えて来るのだろうか。
最も代表的なのは目標や予算を「十分にやれそうだ」と思えるサイズにまで小分けして、具体的な行動に落とし込むこと。
例えば、2億円の予算目標。
そのままではとても「やれそうにない」かもしれないが、ここが知恵の絞りどころで、既存顧客からの基礎売りで例年通り1億2000万円程度は確保できるとして、残り8000万円を四半期で2000万円ずつに小分けして、その額をクリアするための方法をあれこれ考えてみる。
更なる小分けとして、最初の四半期の2000万円は既存顧客へのアップセル、クロスセルで500万円、人間関係の良好な顧客から新規の取引先を紹介してもらうことで200万円程度を積み上げ、前回の展示会での名刺交換+アンケートでニーズのありそうな約300社のフォローから受注率5%程度でも1000万円以上はいけそうな見込み。
そうなると不足額は300万円程度なので、大口でなくても新規で1~2社受注すれば達成可能だし、新規でなくても300万円程度であれば既存顧客へのアップセルで受注できるとすると十分に達成可能な数字に思えてくるというわけだ。
目の前の目標の難易度が「十分にやれそうだ」と思える大きさに思えた瞬間、あなたのやる気スイッチはONになる。

人は「充実感」や「達成感」が味わえると思えた瞬間にやる気が出る

2つ目の法則は「充実の法則」。これを達成感と読み替えても構わないが、人は今の行動をそのまま続けていけば、「きっと充実感が味わえるのだろうな」と予感できた時、モチベーションが湧いてくるようにできている。
この特性を利用したモチベーションアップの方法やモチベーションダウンからの復活方法は軽く10数個はあるのだが、代表的なものを1つ紹介しておくと「自己決定」を使うことだ。
人は人から命令されたことより、自分で決めたことのほうが頑張れるようにできている。
これまであなたもどの部活に入りたいか、どこの学校に入学したいかといった無数の選択があったはずだが、その選択を親に決めて欲しいと思っただろうか、それとも自分で決めたいと思っただろうか。
「やりたい」「チャレンジしたい」という自分の気持ちが、強いモチベーションリソースになることに説明はいらないだろう。
しかし、営業の仕事では予算や重点商品、重点市場の決定は本部や上司に決められてしまうことも少なくない。
そんな中でも、せめてその重点顧客の攻略方法や、営業の進め方といった「やり方」については自分で決めるという「自己決定」のメカニズムを活かすのが賢い。

自分で「できる」モチベーションアップの方法~3つの法則~
出典:部下のやる気を2倍にする法(ダイヤモンド社2004年)

ギスギスした「人間関係」はモチベーションをダウンさせる

3つ目は「関係の法則」、職場や取引先との人間関係のことだ。お察しの通り、私達は職場の人間関係が活性化しているとシナジー効果(相乗効果)が作用して自分の持っている力以上のものを発揮できるし、成長も早くなる。
一方、ギスギスした職場ではモチベーションは最低となり、人がどんどん辞めていくようになる。 では、どうしたら職場のみんながモチベーションに満ちた状態になるのだろうか。
鍵は職場のコミュニケーションにある。結局のところ、上司と部下、同僚の相手と自分の間にあるものはコミュニケーションしかない。人はコミュニケーションによって励まされ、刺激され、触発され、モチベーションを高めるからだ。
しかも、ただコミュニケーションを取ればいいのではなく、良質なコミュニケーションはチームを構成するメンバーが、それぞれに興味・関心を持って、互いに励まし、褒め合い、職場を顧客に対する話題で満たすことだ。
今のあなたの職場がそういう雰囲気になるように、まず、あなたから小さな行動を起こすことを期待したい。

私が開発した「営業サプリ」で一緒に学びませんか?

講師:大塚寿

ここで述べているノウハウやスキルは、読んだだけでも充分勉強になります。しかし、これだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
私が株式会社サプリと開発した『営業サプリ』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につけるオンライン研修、『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。さあ、一緒に学びましょう!

この記事の情報は公開時点のものです。

営業補完スキル・営業の心構えの記事

営業の成長の臨界点を超えるには「行動量(営業量)」を重視すべし

営業の成長の臨界点を超えるには「行動量(営業量)」を重視すべし

イヤな顧客に当たってしまったら…「死神」も使う営業のストレス軽減法

イヤな顧客に当たってしまったら…「死神」も使う営業のストレス軽減法

売れる営業になる2つのイメージトレーニング法と自己暗示

売れる営業になる2つのイメージトレーニング法と自己暗示

目指す営業パーソンの理想像を設定する~誰でも最短で「売れる営業」になれる方法

目指す営業パーソンの理想像を設定する~誰でも最短で「売れる営業」になれる方法

「自分は営業に向いてない」と思ったら…7つ以上のキャラを持とう

「自分は営業に向いてない」と思ったら…7つ以上のキャラを持とう

仕事を成功に導く「使える人脈」作りのための5つのポイント

仕事を成功に導く「使える人脈」作りのための5つのポイント

顧客と信頼関係を構築するための5つの武器~顧客から頼りにされるモノ~

顧客と信頼関係を構築するための5つの武器~顧客から頼りにされるモノ~

売れる営業のテクニック!クライアントの印象に残るための「仕掛け」とは

売れる営業のテクニック!クライアントの印象に残るための「仕掛け」とは

売れる営業パーソンの特徴とは?テクニックや心得を解説!

売れる営業パーソンの特徴とは?テクニックや心得を解説!

営業力の差は社内人脈の差が原因!?レバレッジを効かせた社内人脈の作り方

営業力の差は社内人脈の差が原因!?レバレッジを効かせた社内人脈の作り方

営業の教科書 カテゴリ一覧

この連載の著者

エマメイ先生(大塚 寿)

1986年、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に入社。サンダーバード国際経営大学院でMBA取得後、営業研修を展開するエマメイコーポレーションを創業、現在に至る。著書に『リクルート流』(PHP研究所)、「オーラの営業」(Nanaブックス)、累計28万部のベストセラー『40代を後悔しない50のリスト』シリーズ(ダイヤモンド社)など。

大塚寿

私が開発した「営業サプリ」で
一緒に学びませんか?

この記事のスキルを身につけるには実践とフィードバックが必要。
この講座はそれを実現するオンライン研修です。一緒に学びましょう!

この記事をお読みの方におすすめ!

売れる営業養成講座アイコン

売れる営業養成講座
基礎Ⅰ・基礎Ⅱコース

デモ閲覧・資料請求はこちらから

教材・フィードバック画面を見られる

営業教育のコツやサービス概要をご紹介